「トワイライトエクスプレス瑞風」にあわせた駅リニューアル

「瑞風」の運転開始にあわせた駅リニューアルなど

「トワイライトエクスプレス瑞風」の運転開始にあわせ、山陽本線宮島口駅と山陰本線東萩駅をリニューアルする予定です。


立ち寄り駅である山陽本線岩国駅(山陽コース・下り2日目)に関しては、現在、駅橋上化工事を行っているため乗客の円滑な観光地案内のために、平成30(2018)年春の工事完了まで「南岩国駅」での乗降となります。


山陽本線尾道駅南口駅舎も観光周遊での「尾道のまちへの玄関口」「せとうちエリアへの玄関口」として建て替えた上で、平成30(2018)夏頃に開業予定です。


山陰本線城崎温泉駅と宍道駅でもリニューアル予定が決まりました。


駅リニューアルと建て替え予定と内容は以下の通りです。


「瑞風」利用者以外の訪問者も念頭に置いたものとなっています。

山陽本線宮島口駅

専用入口を設けます。


駅は宮島をイメージした色彩とします。


ガラスでの美装化を実施した上で、駅構内で用いる木材は廿日市市産のものとします。


多数の訪日外国人に対応するため、駅構内にだった土産物店を駅構外に場所を変えて「おみやげ街道」を新たにつくります。


大きな荷物対応のために手荷物預り所の機能を向上させるとともに、外国語対応もできる係員を配置する予定です。

山陰本線東萩駅

専用入口を設けます。


駅の外見は萩城下町・風景のイメージである「格子」や「なまこ壁」を飾り付けたものへとリニューアル予定です。

山陽本線尾道駅

尾道水道や駅前広場側である南口駅舎をオープンな吹き抜けのある空間とします。


観光巡りに安全性・利便性を向上させたトイレ・コンコースのリニューアルと専用出入口を設けます。


初代尾道駅舎(明治24[1891]年当時)のムードを復活させる予定です。

山陰本線宍道駅

専用入口を設ける予定です。


内部ホールの壁面をガラス化、外観壁の白化、床材は来待石で格子・腰壁は木材を使ったリニューアルを行います。

山陰本線城崎温泉駅

駅舎は、街並みと調和した外見とします。


平成28(2016)年8月時点で駅舎が建設から約90年間も受け継いできた、アール・デコ調のデザインの継承します。


専用入口も設ける予定で平成28(2016)年8月末に着工、同年11月上旬に完成予定です。


駅舎インテリアも「街並みとの調和」を重んじ、床面には「大谿川(おおたにがわ)」・「玄武岩」・「柳」をテーマとしたデザインで施工します。


地元風景をテーマに地元作家の伝統的な工芸品を設置するとともに、床面デザインの「大谿川」の対岸ではデジタルサイネージによる情報発信で施工して、乗客に城崎温泉の魅力を伝えるのが目的です。


待合室では「再生の歴史」・ラウンジでは「自然との共生」を紹介する。

「瑞風」の待合ラウンジやモニュメントなどの設置

「トワイライトエクスプレス瑞風」の運転開始にあわせ、京都・大阪・下関の始発3駅でラウンジやモニュメントを設ける予定です。


デザインは、車両インテリアを監修した浦一也氏が行います。

京都駅

ホテルグランヴィア京都の15階に専用ラウンジを常設。

大阪駅

ホテルグランヴィア大阪20階「クリスタルルーム」に列車出発時にラウンジを設ける。

下関駅

8・9番ホームにモニュメントやベンチなどが設置される。


京都と大阪のラウンジと下関停車中の車内では、乗車前のチェックインや荷物を預けたり、ドリンクやスイーツのサービスを受けられます。


下関駅では列車の入線時間を早めにして発車まで車内でくつろげるようにします。